【A Little Bit of Bagan Restaurant & Bar】ミャンマーカレーが美味しいレストラン(Bagan/バガン)

スポンサーリンク

バガンに到着した日の夜は、少し移動の疲れもあったので、宿泊している「Hotel Blazing」の斜め前にある「A Little Bit of Bagan Restaurant & Bar」で夕食を食べることにしました。

IMG_2874

まさに徒歩1分。ニャウンウー地区のThi Ri Pyitsaya 4th Streetにはホテルや飲食店が並んでいるので、遅い時間まで明るいので、夜でも安心して外食できる雰囲気です。

店員さんに写真の撮影を確認してみると、料理はOK、メニューは表紙だけならとのことで、失礼しました。インド料理、中華料理、ライトフード&スナック、バーガー&春巻き、パンケーキ&サンドウィッチ、フルーツ サラダ&ジュースなどなど。最後には「BON APETIT!」と多国籍なメニューであることが窺えます。

IMG_2853

ミャンマービールで喉を潤します!初めて飲みましたが、味がしっかりしたビールでした。キレもあって、後味が良かった印象です。一緒にサーブしてくれたピーナッツをポリポリいただきながら、お料理を待ちます。

IMG_2859

メニューに「ROYAL MYANMAR FOOD」というカテゴリーがあったので、やっぱりミャンマー料理を食べようと、フィッシュカレーを注文しました。3,000チャット。日本円で280円ぐらいでしょうか。かなりお安いです。他には、チキン、ポーク、ビーフ、エビ、野菜、ポテト、カボチャ(すべてカレー)がありました。

IMG_2866

ミャンマーカレーというと油がたくさん使われているイメージでしたが、こちらのフィッシュカレーはインド風に近い感じで、とても食べやすくて、美味しかったです。他の種類のカレーも食べてみたくなりました。

ごはんも一緒にサーブされます。水分多めで、日本で食べるごはんのような食感です。

IMG_2870

さらに辛いのがお好きな方に、タイ料理でもお馴染みのプリックナンプラー。フィッシュカレーなので相性も抜群!タイ風の味わいまで楽しめちゃいました。

IMG_2865

そして、バンコクのレストランで食べた空芯菜の炒め物が美味しかったので、ここでも注文してしまいました。ちなみに、バンコクで空芯菜の表記は「morning glory」、こちらの表記は「water green」でした(空芯菜好きは、すぐに発見!)。しかも、マッシュルーム入りで、2,000チャット。ニンジンの飾り切りがなんとも可愛らしいです。

IMG_2860

一品一品の写真だと伝わりづらいですが、お料理やごはん、調味料は、ランチマットのまわりに並べられて、最後に大きなプレートが真ん中に置かれます。そのプレートに、ごはんやカレーやおかずを少しずつ取って食べるというミャンマースタイルでした。

IMG_2871

実際、一番最初にサーブされた空芯菜からフィッシュカレーまで少し時間が空いたので、空芯菜を手前に持ってきて食べていいものか悩みましたが、そのままにしておいて良かった…と後になって思ったのでした。

食後には、タマリンドのお菓子をいただきました。これがとても美味しくて、ミャンマーでも人気のお土産なんだそうです。

IMG_2873

バガン最初の夜は、美味しいミャンマー料理に大満足でした。たくさんバガンに宿泊していたら、他の種類のカレーやお料理を食べに来ていたことと思います。ご馳走さまでした!

A Little Bit of Bagan Restaurant & Bar(TripAdvisor)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です