【Drug Opera】美食の国で出会った夢の一皿(Brussels/ブリュッセル)

スポンサーリンク

ベルギーでは、まさに『美食の国』を体感するお料理にたくさん出会えましたが、そんな美味しくて幸せな時間を過ごせたレストランのひとつ「Drug Opera(ドラッグ オペラ)」。

ブリュッセル観光の拠点となる「グラン=プラス(La Grand-Place)」からおよそ徒歩5分。Rue Grétry(グレトリ通り)とRue des Fripiers(フリピエール通り)が交差する角に、華やかなDrug Operaのファザードが一際目を引きます。

ドアを開けると、笑顔でお出迎えいただいて、1階の席にご案内いただきました。訪れたのが16:00頃ということもあって、店内はゆったりとした時間が流れていました。

ベルギービール「ヒューガルデン(Hoegaarden)」がラインナップされたドリンクメニュー。実は、朝から「ヒューガルデン・ホワイト」生誕の地であるヒューガルデン村を訪れて、ブリュッセルに戻ってきたところだったので、すでに「ヒューガルデン・ホワイト」と「ヒューガルデン・グランクリュ」を飲んでいました。ということで、Drug Operaでは「ヒューガルデン・ロゼ」をオーダーすることに。

フードメニューもたくさんありましたが、「Toast with mushroom and cream」を発見!!大好きなマッシュルーム〜!!トーストとマッシュルームクリームって、どんな料理が出てくるのかしら?!とワクワクしながら、迷わずこの一品に決定しました。

それでは、ヒューガルデン・ロゼで乾杯!ボトルが提供されていないので、きっとドラフトでしょう。ヒューガルデン・ロゼは、ヒューガルデン・ホワイトの製法をベースにフランボワーズの果汁が加えられたフルーツビール。ベリー系の甘酸っぱさとフルーティさが口当たり良く、アルコール度数も3.0%で、カクテルやジュースのノリで飲めてしまいます。

そして、お待ちかねのToast with mushroom and creamが登場です。サーブされたその瞬間に、美味しそうなビジュアルがハートに刺さってしまいました!!

カリッと焼かれたトーストに、ソテーされたことで深まるマッシュルームの風味とコクのある濃厚なクリームソースが絡んで、もうパーフェクトな食感とテイストです!!それにしても、何個のマッシュルームが使われているんだろうという贅沢さ。amazing!!

ヒューガルデン・ロゼも楽しませていただきましたが、このパーフェクトな一品にはワインが欲しくなり・・・きっと白も赤もどちらも合っちゃうんだろうなぁ・・・なんて悩んだ結果、赤ワインをオーダーしました。素晴らしいお料理にワインを合わせて、最高に幸せなひとときです。

赤ワインのあとに、もう一度マッシュルーム。何度見てもフォトジェニックです。

素敵な建物が目に留まって、なんとなく入ってみたDrug Operaでしたが、大好きなマッシュルームが美味しく調理された夢のような一皿に出会えて、お酒を片手にとーっても幸せな時間を過ごすことができました。

伝統的なベルギー料理からオーソドックスなピザやオムレツまで楽しむことができるDrug Opera。ブリュッセル観光のお食事にも、ひと休みのカフェにもおすすめのレストランです。ご馳走さまでした!

Drug Opera(TripAdvisor)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です