「小便小僧」世界的に有名なブリュッセルの観光名所は本当に世界三大がっかり?

スポンサーリンク

ブリュッセルの中心にある“世界で最も美しい広場”と称される「グラン=プラス」のすぐ近くに、世界的に有名な「小便小僧(Manneken Pis)」の像があります。「プチ・ジュリアン(ジュリアン坊や)」という愛称で地元の人から愛されている小便小僧は、ブリュッセルの最年長市民とされています。

同じような像は、日本をはじめ世界各地にありますが、その起源となるのがブリュッセルの小便小僧です。由来は諸説ありますが、よく知られているのは、反政府軍がブリュッセルを爆破するために仕掛けた爆弾の導火線に少年が小便をかけて消して、町を救ったという伝説。愛称の「プチ・ジュリアン」は、この少年の名前に由来するといわれています。

小便小僧のオリジナル像は、1619年にフラマン人彫刻家のジェローム・デュケノワ(Jérôme Duquesnoy)によって製作されましたが、盗難などの被害に遭ってしまい、現在設置されているのはレプリカの像です。

そして、日本で小便小僧をさらに有名にしたのは、シンガポールのマーライオン、 コペンハーゲンの人魚姫の像と並んで、観光名所の「世界三大がっかり」のひとつとされてしまったこと。像の高さがわずか61cmということから、訪れる人たちの大きな期待を受け止められる大きさではないのでしょうね…。でも、実際にがっかりしたかと言われるとそんなことはありません!記念撮影に盛り上がる大人たちの後ろで、かまわず放尿し続けるジュリアン坊やの姿は、なんともシュールで微笑ましいものがありました。

今回は裸の小便小僧でしたが、年間を通して、地元のお祝いや祝日には色々なコスチュームで飾られるそうで、なんと数百にも上るという膨大な数のコスチュームは、グラン=プラスにあるブリュッセル市立博物館(王の家)に所蔵されています。

ブリュッセル観光の拠点となるグラン=プラスからほど近くにある小便小僧の像。周辺のショップを見渡してみると、まさに小便小僧がベルギーを代表する国民的なアイコンとして愛されていることが伝わってきますね。

最後に、聞いた話で一番興味深かったのは、小便小僧が水ではなく、ビールを放出することがあるのだそう!そして、街行く人たちにビールが振舞われるそうです。実際に飲むとなると衛生面の不安もありますが、そんな楽しそうな光景を見てみたいなぁと思いました。定期的に決まっているイベントではないということで、出会したらラッキーですね♪

「グラン=プラス」ブリュッセルの中心にある“世界で最も美しい広場”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です