【L’Entracte des Gobelins】素敵なテラス席でパリの夜にSanté‼︎(Paris/パリ)

スポンサーリンク

日本を出発して2ヶ月半、母が日本からパリまでやってきました〜!飛行機の到着に合わせてシャルル・ド・ゴール空港へ迎えに行くと、出口から笑顔いっぱいの母の姿を確認。無事に到着してひと安心したのと、たった2ヶ月半だけど、母との再会が嬉しくて、思わずハグしておりました。

空港から移動して、ホテルにチェックイン。少し落ち着いてから、乾杯しよう!と近くのレストラン「L’Entracte des Gobelins」を訪れました。パリでの再会に、赤ワインで”Santé‼︎”

近況報告しながら、話しも盛り上がりつつ、しっかりお腹も空いておりました。早速、トマトとモツァレラチーズのカプレーゼをオーダー。甘いトマトとトロッとしたモツァレラがミルフィーユ仕立てになっています。私自身、モツァレラが大好きなこともあって、いくらでも食べられてしまいそうな美味しさでした。

そして、ついついオーダーしてしまうシャルキュトリーの盛り合わせ。ワインとの相性は間違いなしです。付け合わせのフレンチフライもパクパクつまんでしまいました。

サーブしていただいたバゲットには、シャルキュトリーのパテを添えてみたり。

夜遅めの時間帯でしたが、明るいテラス席で心地良く酔わせていただきました♪

そして、別の夜も「あのお店、良かったよね!」ともう一度、ディナーすることに。ヒューガルデンが好きな母におすすめしたフランスビール「Kronenbourg Blanc(クローネンブルグ ブラン)」で乾杯です。「コレ美味しい!」と母のお気に入りになりました。

まずは、スモークチキンとチーズのサラダをオーダー。サラダのトップには大きなチーズがドーンッ!これを少しずつカットしながら、スモークチキンと合わせたり、チコリにのせたり、そのままいただいたり、これだけでワインを追加です。チーズ好きには楽しい一品でした。

なんか肉が食べたいよねと、メインはステーキに。赤ワインに合わせて、ガツッとお肉をいただいて、この日の夜は肉食母娘でした。先日のシャルキュトリーに続いて、付け合わせのフレンチフライも優秀なお味。お腹いっぱいです。

宿泊しているホテルの近くにあるレストランやバーなど、何度か訪問すると旅行中でも行きつけのような気分になったりします。

今回は2度だけでしたが、ちょっぴりそんな”馴染み”の感覚を楽しませていただきました。ご馳走さまでした!

L’Entracte des Gobelins(TripAdvisor)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です