世界の寺社・教会 一覧

スポンサーリンク
【永平寺 参禅体験】其の参「3泊4日参禅ざっくりスケジュール」

【永平寺 参禅体験】其の参「3泊4日参禅ざっくりスケジュール」

3泊4日の参禅体験、参加前は未知の世界ではありますが、事前にどんなことをするのかという心構えがあれば、少しでも心穏やかに参加できるかもしれません。私が体験してきた内容について、ざっくりご紹介できればと思います。 ■1日目 ...

記事を読む

【永平寺 参禅体験】其の弐「曹洞宗大本山 永平寺」

【永平寺 参禅体験】其の弐「曹洞宗大本山 永平寺」

参禅体験に参加する前に、「永平寺ってどういう寺院なの?」ということを知っておくことが何より大切。其の弐では、曹洞宗大本山永平寺の歴史や思想について、簡単にご紹介させていただきたいと思います。僭越ではありますが。 永平寺は、福井...

記事を読む

【永平寺 参禅体験】 其の壱「参禅申込から永平寺到着まで」

【永平寺 参禅体験】 其の壱「参禅申込から永平寺到着まで」

曹洞宗大本山永平寺で参禅(さんぜん)体験ができると知ったのは、4年前です。ふと、「そうだ、寺にいこう。」と思いました。まだ「参禅」という言葉は知らず、"寺 修行 体験" あたりのキーワードで検索してみると、たくさんの情報が見つかりましたが、...

記事を読む

アンコール遺跡「ベンメリア」ジブリ映画『天空の城ラピュタ』の世界へ

アンコール遺跡「ベンメリア」ジブリ映画『天空の城ラピュタ』の世界へ

宮崎駿監督のジブリ映画『天空の城ラピュタ』のモデルのひとつとも言われているアンコール遺跡「ベンメリア(Beng Mealea)」。実際にモデルにされたかは不明ですが、訪れてみると、確かにラピュタの世界に通じるような景色が目の前に広がりました...

記事を読む

アンコール遺跡「バンテアイ・スレイ」東洋のモナリザを探しに

アンコール遺跡「バンテアイ・スレイ」東洋のモナリザを探しに

シェムリアップに来る前から訪れてみたかったアンコール遺跡のひとつ「バンテアイ・スレイ(Banteay Srei)」。その繊細で美しいレリーフの数々にすっかり魅了されてしまいました。 バンテアイ・スレイとは「女の砦」を意味してい...

記事を読む

アンコール遺跡「プレループ」は往にし方の…

アンコール遺跡「プレループ」は往にし方の…

961年頃、ラージェンドラヴァルマン王によって建立された「プレループ (Pre Rup)」。アンコール・ワットやアンコール・トムよりもさらに古いアンコール遺跡ですね。 プレループに関しては訪れる前にまったく予習できていなかった...

記事を読む

巨大な樹木と一体化したアンコール遺跡「タ・プローム」

巨大な樹木と一体化したアンコール遺跡「タ・プローム」

樹木と一体になっているアンコール遺跡として有名な「タ・プローム(Ta Prohm)」。 映画「トゥーム・レイダー」の舞台としても知られていて、アンジェリーナ・ジョリーさんがここに登場するシーンがあるようですね。 アンコール・...

記事を読む

アンコール遺跡 “天上の宮殿”「ピミアナカス」の伝説

アンコール遺跡 “天上の宮殿”「ピミアナカス」の伝説

アンコール・トムの中で、王宮のほぼ中心に位置する「ピミアナカス(Phimeanakas」。 クメール語では「ヴィミヤン・アーカス(Vimean Akas)」となり、「天上の宮殿」「空中楼閣」という意味をもつ遺跡です。 建立当...

記事を読む

アンコール・トムにあるピラミッド型寺院「バプーオン」

アンコール・トムにあるピラミッド型寺院「バプーオン」

アンコール・トムの中にあり、バイヨンの北西に位置する寺院「バプーオン(Baphuon)」。11世紀中頃、ウダヤーディチャヴァルマン2世によって築かれた3層からなるピラミッド型寺院です。 バイヨンからバプーオンに向かう前、まずはアン...

記事を読む

都城遺跡「アンコール・トム」の中心寺院「バイヨン」巨大な顔の正体は?

都城遺跡「アンコール・トム」の中心寺院「バイヨン」巨大な顔の正体は?

世界遺産アンコール遺跡の1つ「アンコール・トム(Angkor Thom)」は、12世紀末から13世紀にかけてジャヤーヴァルマン7世が築いた”都城遺跡”です。つまり、アンコール・トムはいくつかの遺跡で構成された3km四方の”都市”になっていま...

記事を読む

世界遺産「アンコール・ワット」への道 2015

世界遺産「アンコール・ワット」への道 2015

いつか訪れてみたい場所のひとつだった「アンコール・ワット(Angkor Wat)」。 1992年にアンコール遺跡として世界遺産に登録、翌1993年にはアンコール・ワットの祠堂を描いたカンボジア国旗が制定されました。まさにカンボジアの顔です...

記事を読む