アイルランド最古の大学「ダブリン大学トリニティカレッジ」

スポンサーリンク

ダブリン市内の中心部、観光スポットとしても人気のある「ダブリン大学トリニティカレッジ(Trinity College, University of Dublin)」。1592年、当時のイングランドとアイルランドの女王エリザベス1世によって創設されたアイルランドにある最古の大学です。

img_7170

「トリニティカレッジ」の呼称が一般的ですが、正式名称には創設者のエリザベス1世の名前が入っています。「the Provost, Fellows, Foundation Scholars and the other members of Board, of the College of the Holy and Undivided Trinity of Queen Elizabeth near Dublin」(学寮長、研究員、学者、および他の委員メンバー、ダブリンにおけるエリザベス女王の神聖にして分割されざる三位一体大学)。バンコクの正式名称級の長さですね…。

img_7166

入口付近では、大学の学生さんがガイドをしてくれるキャンパスツアーの呼びかけをしていました。今回は残念ながら時間がありませんでしたが、実際に大学に通っている学生さんならではのレアな情報も聞けるかもしれないので、参加してみても楽しそうですね。

img_7168

トリニティカレッジでの一番の見どころは、およそ計500万の書籍を収蔵するアイルランド最大規模の図書館。その中でも8世紀に制作された聖書の手写本「ケルズの書(The Book of Kells)」が有名です。アイルランドの国宝で、”世界で最も美しい本”とも呼ばれています。

せっかくなので、見てみよう!と図書館に向かったところ、大行列ができていました…。キャンパスツアーも諦めましたが、今回は次の予定が入っていたので、残念ながら、世界で最も美しい本を目にすることはできませんでした…。

img_7174

広いキレイな芝生を挟んだ図書館の反対側はとても静かで、建物内には軽食などを販売している売店もありました。学生さんや訪れている人たちがのんびりと過ごしていました。

img_7173

大学という場所を訪れたのも久しぶりだったように思います。バックパックを背負って、一人旅を始めたのは大学生の頃だったな〜と懐かしさがじんわり胸に広がりつつ、青空の下、広々としたキャンパスを歩いて、清々しい気持ちになることができました。

img_7176

Trinity College Dublin(オフィシャルサイト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です