【OLD JAMESON DISTILLERY】Vol.1「オールドジェムソン蒸溜所へ行こう!」

スポンサーリンク

アイルランドを訪れた目的。本場でギネスビールを味わうことも楽しみにしていましたが、一番の目的はアイリッシュウイスキーの原点を感じること。2011年にスコットランドで蒸溜所巡りをしたときから、次はいつか必ずアイルランドを訪れたいと思っていました。

そして、最初に訪れたのは、ダブリンにある「オールドジェムソン蒸溜所/ジェムソン旧蒸溜所(OLD JAMESON DISTILLERY)」です。現在は蒸溜所として稼働していませんが、ガイドツアーで製造工程の見学や試飲を楽しむことができます。

※オールドジェムソン蒸溜所は、2016年9月から2017年3月(St Patrick’s Day)までリニューアルのため閉鎖されています。

img_6845

日本もスコットランドも蒸溜所を訪れるとなると、一日がかりで電車やバスを乗り継いで行くイメージがありますが、このオールドジェムソン蒸溜所はダブリン市街にあるので、気軽に行くことができます。宿泊先のホステルからも徒歩30分ぐらいで到着しました。

最初に目に入った石造りの建物を正面として、そのまま進むとエントランスがあります。

img_7001

実は、最初はエントランスを探して石造りの建物の裏に回ったところ、同じ敷地内にカフェやホステルが並んでいるので、エントランスを見つけるのが複雑になってしまいました…。

img_6849

エントランス正面の広場にある大きなポットスチルが、いよいよ蒸溜所に来たことを感じさせてくれます。平日でもたくさんのゲストが訪れていました。

img_6999

それでは、エントランスから旧蒸溜所の中へ入っていきましょう!

img_6996

まずはじめに、ガイドツアーのチケットを購入しますが、チケットカウンター横にあるスクリーンで参加できるツアーを確認することができます。ツアーの所要時間は約1時間で、15分間隔で開催されていました。

img_6857

大人(18歳以上)のチケットは15ユーロ。チケットには参加するツアーグループのアルファベット「I」とスタート時間が印字されています。

img_6855

ガイドツアーのスタートまで時間があったので、同じグランドフロアにある素敵な「JJ’S BAR」で待つことにしました。

img_6859

フライングゲット。予習です。シンプルにジェムソンスタンダートをストレートでいただきました。アイリッシュウイスキーらしいスムーズな口当たり。

img_6864

空きっ腹にストレートのウイスキーが注入されて少々熱くなってきて…。JJ’S BARから上のフロアにあるレストランが見えたので、ツアーが終わったらランチしようと思いました。

img_6875

さらに上を見上げると…Gorgeous‼︎ ジェムソンのシャンデリアがとっても華やかでした。逆さにしたら、冬はクリスマスツリーも素敵だな〜とか思ったり。

img_6995

ガイドツアーの時間が近くなると、参加者のみなさんがフロアに集まり始めました。

img_6978

予習のおかげでふんわり気持ちいい感じになって、コンディションも整いました。それでは、ガイドツアーを楽しみたいと思います!

Jameson Irish Whiskey(オフィシャルサイト)
JAMESON(ペルノ・リカール・ジャパンのサイト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です