[ホリーヘッド→ダブリン] イギリスから海を越えてアイルランドへ!ロマン溢れるフェリーで行こう

スポンサーリンク

いよいよアイルランド行きのフェリーに乗船です!チェルトナム・スパ駅からおよそ4時間半でホリーヘッド駅に到着して、事前にネットで予約していたフェリー会社Stena Lineのカウンターでチケットを購入します。

IMG_6607

運賃は片道33£+予約手数料4£=37£(およそ5,000円)。ホリーヘッド13:50発→ダブリン17:05着ということで、3時間15分のフェリーの旅です。

IMG_6608

大きな荷物を預けてから、チェックイン。ボーディングカードを受け取ります。

IMG_6613

搭乗時間まで待合スペースでのんびり過ごします。

IMG_6614

いよいよ乗船です。

IMG_6615

フェリーまでは専用バスに乗って移動します。

IMG_6617

いよいよイギリスから海を越えてアイルランドへ。ダブリンのフェリーターミナルは、実は空港よりも市街地に近い場所にあるので、到着後の移動は便利なのです。

階段を上ってフェリー内へ。

IMG_6620

とても広い船内は色々な施設が充実していて、楽しく快適に過ごせました。

IMG_6621

Free Wi-Fiも入っています。

IMG_6623

小さなお子ちゃまのための可愛らしいプレイルーム。

IMG_6625

大人も遊べるゲームコーナーも。

IMG_6624

フェリーが出発してすぐデッキに出て、少しずつ遠ざかっていくイギリスを眺めました。

IMG_6090

飛行機の場合は短時間で上昇するので、離陸した土地を眺められる時間が短かったり、席によってはまったく外を眺められないことも…。フェリーの場合はデッキに出られるかぎり、遠ざかっていく土地にゆっくりお別れすることができます。その土地での出来事を懐かしんだり、出会いに感謝したりしながら、見えなくなる頃には、思い出が整理されて心にスッと入ってくるような感覚になります。そうした時間がとても幸せです。

IMG_6101

再びフェリー内に戻ると、広々としたラウンジでは、お食事したり、カフェしたり、読書したり、寝ていたり…、皆さんそれぞれ思い思いに過ごしていました。

IMG_6626

お!み〜つけた♡(手前のイケメンではなく)

IMG_6628

まだ明るい時間なので、爽やかにイギリスNo.1ブランドのサイダー「Strongbow(ストロングボウ)」をオーダーしました。ちなみに製造しているH. P. Bulmer(ブルマー)は、Heineken International(ハイネケン)傘下の子会社です。

IMG_6629

窓から射す眩しい太陽の光とともに乾杯!リンゴの爽やかさと華やかさが楽しめます。

IMG_6646

サイダーを飲んだり、これまでの旅を振り返ったり、ゆっくり過ごしてから、そろそろダブリンが近づいてくる頃かなと、もう一度デッキに出てみました。太陽が燦燦として新しい国へと導いてくれるようで、近づいてくるアイルランドにワクワクしてきます。

IMG_6109

旅をしていると、離れる土地には恋しさを憶えて、新しい土地にはワクワクが押し寄せてきて、それが旅の醍醐味でもありますが、フェリーはその想いが一層強くなるようで、ロマンを感じます。

IMG_6138 デッキに出ているとアナウンスが聞こえづらいので、そろそろ到着かなという頃にフェリー内へ戻りました。

IMG_6151

ヨーロッパ2番目の国、アイルランドに入国です!フェリーを降りたところで、預けた荷物を受け取ります。

IMG_6658

どうやって市街に出ようかな〜と思っていたところ(まったく調べてなかった…)、市街行きのバスが待っていてくれました。アイルランドに入国したので運賃の支払いはユーロになりますが、すっかり両替を忘れていたので、運転手さんに伝えるとポンドでも大丈夫でした。

IMG_6660

訪れてみたかった国のひとつ、アイルランドにはたくさんの目的があります。どんな出会いが待っているのか楽しみです!

Stena Line(オフィシャルサイト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です