【The Orangery】ケンジントン宮殿をお散歩しながら幸せランチ(London/ロンドン)

スポンサーリンク

ロンドンのお散歩2日目。短い滞在でしたが、そのままチェルトナムに向かうため、私は大きなバックパックをコロコロして、友人はベビーカーを押しながら、王立公園「ケンジントン・ガーデンズ(Kensington Gardens)」の敷地内にある「ケンジントン宮殿(Kensington Palace)」へ向かいました。

IMG_8272

ケンジントン宮殿で生まれ育ったヴィクトリア女王像が、宮殿を背景に聳えています。1760年に王宮がバッキンガム宮殿に移るまで、歴代の王の居住地でした。現在は、王家の親族の住居となっていて、故ダイアナ元妃はご成婚から離婚後も、亡くなられるまでこの宮殿にお住まいだったそうです。

IMG_5911

そして、ケンジントン宮殿に併設されている素敵なレストラン「The Orangery」に連れてきてもらいました。

IMG_8266

敷居が高いのかな〜と思いましたが、ほどよくカジュアルな雰囲気で安心です。お子ちゃまやベビーカーに優しくて、私がバックパックをコロコロしていても嫌な顔されず、写真撮影してもらったり、気さくなスタッフさんに感謝でした。

IMG_8265

アフタヌーンティーが有名とのことですが、今回はランチメニューから。メインにはサラダを選びました。インドでは生野菜を避けていたので、身体が欲するままです。そして、素敵な雰囲気にまかせて、白ワインをオーダーしてしまいました。ママ、ごめんね…。

IMG_8259

サラダはお皿にたっぷり。マスタードが効いたドレッシングで、とても美味しかったです。しかし、こちらで12ポンド。2,000円弱ぐらいでしょうか。インドからイギリスに一気に飛んできて、何より物価に違いに慣れるまでが大変でした。

IMG_8261

幸せなランチタイムに、心もお腹も満たされて、またケンジントン・ガーデンズをお散歩しました。こんな風にゆっくり公園をお散歩したのは、どれぐらいぶりだったかな…。

IMG_5896

15:00頃ロンドン発の電車に乗るため、優しい気持ちをたくさんプレゼントしてくれた友人親子とお別れの時間となりました。この旅の途中、お子ちゃまと3人で過ごして、夜は久しぶりに2人でゆっくりお話しできて、とても大切な時間だったと振り返ります。

お子ちゃまを抱っこしながら、観光スポットではいつも写真を撮ってくれました。一人泣きそうになりながら、タクシーでパディントン駅へと向かったのでした。

バージョン 2

Kensington Palace(Historic Royal Palacesのサイト)
The Orangery(公式サイト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です