[クアラルンプール→シェムリアップ] LCC専用ターミナル KLIA2空港は乗り継ぎも快適

スポンサーリンク

ニラからシェムリアップへの乗り継ぎのため、KLIA2空港(クアラルンプール国際空港 第2ターミナル)に到着しました。
IMG_1869

KLIA2空港は、LCC・格安航空会社専用ターミナルですが、通常の国際線が運行している空港と変わらず、広々としていて、とてもキレイです。調べてみると、2014年5月に開業したばかりとのこと。期待が高まります!
IMG_1874

そして、マニラ空港ではできなかったフィリピン・ペソからUSドルへ両替をしました。もう色々なことが安心です。
そして、レストランと出国ゲートがある2階へ向かいました。
IMG_1875

フードコートには、24時間営業のカフェやレストランがたくさんありました。時間帯や時期によっては、イミグレーションを通過するまでの時間が読めなかったりして、食事のタイミングを逃してしまうこともありますが、空港内でいつでも食事ができるのは嬉しいですね。
IMG_1876

私もレストランに着く頃には23時を過ぎていましたが、悲しみのマニラ空港で不貞腐れて何も食べずにいたので、迷わずに1ヶ月ぶりにご対面したドラフトビールをご指名させていただきました。
ビールもサーバーも輝いてます!
IMG_1879

“THE BAR”という響きにも心躍ります。
IMG_1882 (1)

こちらのお店は、各々の席の下に電源があったので、とてもありがたかったです。ただ、24時頃には閉店してしまい、スタッフの人が席には座っていても大丈夫と声をかけてくれましたが、空気を読みつつ、1時ぐらいには退席しました。

フードコートには食事している人、仮眠している人がいましたが、私が見たところでは電源はなかったようです。このあと、空港をうろうろ散策しましたが、おそらくフードコート内のソファ席が仮眠する特等席かと思われました。
IMG_1888

でも、電源については空港内の色々な場所にあるので、使いやすそうな場所で充電しながらその脇で仮眠をとっている人が多かったです。中にはこんなところの電源まで!という人もいて、どこでも構わず寝られる人が羨ましいと思いつつ…。

いつも搭乗ゲートまでの距離を確認しないと安心できない心配性なので、搭乗ゲート近くまで移動してから、フライトを待つことにしました。性格上、やはり一睡もできず。。
IMG_1889

マニラ空港が少々残念だったので、期待以上に快適だったKLIA2空港で生ビールまで楽しめたことに満足しつつ、早朝のフライトでシェムリアップへと向かいました。

クアラルンプール空港案内(マレーシア政府観光局)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です